フッ素入りの歯磨き粉で虫歯は治るのか?

虫歯は削らなくても治る?

 10年くらい前に歯科医に行った際に、

「昔は虫歯というのは治らないので削るしかないと言われていました。ですが、最近は唾液の成分やフッ素入り歯磨きなどで再石灰化が促され、削らなくてよくなる場合もあります。」

と、歯科医に言われたことがあります。

 前回の記事で書いた通り、一度削ってしまうとラクトバチラス菌が生息してしまう確率が高まるので、できるだけ削らないほうがよさげです。では、削ったほうがいい虫歯と削らなくていい虫歯の境目はどこ?とか、本当に削らなくても治るの?という疑問が沸いてきますよね。今回は、そのことについて書いてみたいと思います。

 

フッ素入りの歯磨き粉で虫歯が治った説

 まれに、「フッ素入りの歯磨き粉を使っていたら、虫歯が治った。」という書き込みをネットで見かけます。その書き込みが気になって、担当の歯科医師に詳細を聞いてきました。これは、あくまで私の担当歯科医の見解なので、参考までにとどめておいてください。

 結論から言うと、フッ素入り歯磨き粉は歯の再石灰化を促進するもので、虫歯を治すものではないとのこと。では、どの程度の虫歯なら再石灰化で治るのかと聞いてみました。

  • 茶色・黒くなっている虫歯の状態では治癒は難しい
  • 虫歯になるまでには、歯が黄色または白っぽくなる段階がある。その段階なら治る可能性がある。

 とのことでした。

 

高濃度のフッ素含有が必須

 ネットで「フッ素入り歯磨き粉」で虫歯が治ったと言っている人が、どの段階の虫歯だったのかは分かりません。ですが、茶色くなるまで進行している虫歯が治ったというのであれば、薄くて小さい虫歯なら、その部分が研磨剤ではがれ落ちてしまう場合があるのかもしれませんね。

 また高濃度のフッ素含有歯磨き粉で磨くこと、正しい磨き方で磨くことが前提条件です。ですから、まずは歯磨き指導をしてくれる歯科に行くことをおススメします。また、あなたの虫歯が歯磨きで治る程度のものなのか、削らずに治せるのか、削る必要があるのかを確認する意味でも、歯科に行くことをおススメします。

削りたくなくても、まずは歯科医に相談

 私自身の反省として、現在の歯科医で、今までの歯医者さんでは見つけられなかった虫歯や歯根の大きな膿(うみ)が見つかったので、歯科にも行かず自己判断するなんて危険すぎて全くおススメできません。

 どちらにしろ、唾液の成分や口内のpH(酸性・アルカリ性のかたむき)には個人差があり、菌の多い人、酸性に傾きやすい人は虫歯になりやすく進行しやすいので、やっぱり歯科で歯磨き指導してもらったほうが良いと思います。

歯科医推奨の歯磨き粉

 ちなみに私が医師にすすめられた歯磨き粉は「チェックアップ」です。日本で販売されている歯磨き粉の中では飛びぬけてダントツにフッ素含有量が多いです。もともと、チェックアップフッ素含有量は950ppm Fだったのですが、最近、改良されて1450ppm Fに増えました。歯科衛生士さんがおっしゃっていましたが、日本でフッ素の含有量が増えるというのはめずらしいことだそう。歯磨き指導前と後では、歯の汚れの状態、歯肉の状態が非常によくなったと医師や歯科衛生士に褒められています。ついでに歯間もフロスや歯間ブラシで掃除し、最後にフッ素入り洗口剤で仕上げれば完璧だそう。私はまだ洗口剤は使っていませんが、チェックアップとフロスでも十分に良い状態を維持できているようです。

  チェックアップはウチの近所のドラッグストアでは、なかなか見つけられないので、いつもネットで大人買いしています。

ライオン チェックアップ スタンダード 135g Check-Up standard 医薬部外品 × 10本

ライオン チェックアップ スタンダード 135g Check-Up standard 医薬部外品 × 10本